Entry: main  << >>
タッチパネル搭載・マルチモードでこの軽さ ThinkPad Yoga 260
こちらの記事はレノボ・ジャパン主催レビューコンテスト応募記事です。

Lenovo Premium Club会員限定 新製品発表記念イベントに参加した際に聴講したセッション「タッチパネル搭載・マルチモードでこの軽さ ThinkPad Yoga 260」のレポートと感想です。

タッチパネル搭載・マルチモードでこの軽さ ThinkPad Yoga 260

ThinkPad Yoga 260は第6世代インテル Core i搭載プロセッサー搭載のシリーズとしてThinkPadシリーズとして早期に発売開始したマシンです。

2015 ThinkPadポートフォリオ

2015年 ThinkPadポートフォリオはご覧のとおりです。プロセッサーがインテル第6世代CoreプロセッサーSkylakeへ移行期ですね。ThinkPad 各モデル n50→n60へモデルチェンジしている途中です。


ThinkPad Yoga 260になるために変更されたたくさんの事

ThinkPad Yoga 260になるために変更されたたくさんの事として、軽量化をはじめとして機能面でもかなりの変更が加えられています。初代ThinkPad YOGAはちょっと野暮ったい感じで、大きさの割に重たい印象があったので、そのイメージを払しょくしようとしていることがうかがえますね。


ThinkPad Yoga 260 マルチモード

YOGAシリーズではもうおなじみのマルチモード、12.5型1.36kgで軽量薄型でタッチパネル搭載で、様々なシーンに対応できます。


ThinkPad Yoga 260 製品仕様

ThinkPad Yoga 260 製品仕様について、モビリティー、ユーザービリティ、ハイパフォーマンスの3つの切り口でまとめて説明されました。


ThinkPad Yoga 260 モビリティー

ThinkPad Yoga 260 モビリティーとしては、最大10時間のバッテリー駆動、本体のペンスロットにペンが収納できてしかもペンの充電ができるんです。PC本体へのペン収納がとっても有意義になりました。持ち歩きやすさが向上しています。


ThinkPad Yoga 260のペンについて実機で解説

ペンについて実演する吉原敦子氏、ThinkPad Yoga 260を手にしているのは土居氏です。


ThinkPad Yoga 260 ユーザビリティー

続いては、ThinkPad Yoga 260 ユーザビリティーについてです。


Lift n Lockキーボード (リフトンロック キーボード)

Lift ’n’ Lockキーボード (リフトンロック キーボード)というギミックを採用、タブレットモード時に底面になるキートップやトラックポイントを保護する仕組みになっています。トラックポイントキャップが外れたり、キートップが傷だらけになるの軽減してくれます。


指紋認証とキーボードファンクションの変更

内蔵の指紋認証センサーをスワイプセンサーからタッチセンサーに変更したことにより、1手間少なくログインできるようになりました。タブレットモードなど置かないで使っているときに便利になりました。


指紋認証の実演

指紋認証の実演では、Windows 10に人差し指でログインする様子を見せてくれました。
ちなみに10本の指のデータを登録できます。

指紋認証の実演

ほんの一瞬で指紋認証ができてWindowsにログインできました。高セキュリティを面倒な手間いらずで実現できるので、指紋センサー付にするのがお薦めです。私も従来型の指紋センサーから愛用しています。


インテリジェント クーリング : 快適さとパフォーマンスの両立

LEDアングルの状態を検知して、パフォーマンスと温度管理(排熱)をする仕組み「インテリジェント クーリング」が搭載されています。


インテリジェント センシング : 状況に合わせて自動調整

新機能のインテリジェント センシング では、手に持って歩いているのかをセンサーが感知して、ディスプレイをオフにしたり、キーボードバックライトの自動点灯などをサポートしています。Lenovo Settings 3.0からの使える機能です。


インテリジェント センシング : Lenovo Settings メニュー

インテリジェント センシング のLenovo Settings メニューはこんな感じです。設定変更というと難しそうに感じるかもしれませんが、ビジュアルでわかりやすく表現されています。


パームリジェクションの進化 : ペンをより使いやすく

パームリジェクションの進化で、ペンをより使いやすくなりました。液晶画面のフチを持っているつもりが、スクリーンタッチになってしまって、Windows メニューがでたりと思わぬうちに望まない処理が行われてしまうことがないようにタッチ操作の意味をきちんと解釈するようになるとのことです。


4K出力 : 本体、ドック経由ともにサポート

4K出力を本体、ドック経由ともにサポートします。


ThinkPad Yoga 260 ハイパフォーマンス

3つ目はThinkPad Yoga 260 ハイパフォーマンスです。
第6世代Intel Core iプロセッサー搭載、PCIe NVMe SSDサポート、最大16GBメモリ搭載で処理性能が大幅にアップしています。


ストレージの違いによるパフォーマンス差

SATA規格やeMMcなど従来規格のデータ転送が低速なストレージから、PCIe 3.0規格に対応して、高速化しています。もう、HDDには戻れないです。

ThinkPad Yoga 260は、先進的な機能や仕組みを取り入れて生まれ変わっています。これは期待のモバイルマシンです。タッチアンドトライもしてきたので後日、マシン自体のレビュー記事もアップする予定です。


スペックや製品情報は、レノボ・ジャパン > マルチモード・ノートブック ThinkPad Yogaシリーズ > ThinkPad Yoga 260をご覧ください。




| ThinkPad-Plus | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:25 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ
Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 330sレビュー
Lenovo V530S Small レビュー
ThinkPadシリーズ
ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Yoga レビュー

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

 

クーポン

ThinkPad eクーポン

レノボ

レノボ・ジャパン

おまかせ

パソコン・タブレット・PC周辺機器ならレノボ・ショッピング

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode