Entry: main  << >>
ThinkPad ベーシック・ケース (43R9113) パソコンバッグのその後
3年以上にわたって仕事で使ってきたパソコンバッグ ThinkPad ベーシック・ケース (43R9113)のその後のレポートです。ThinkPad本体と比べても引けを取らない耐久性がありました。さすがに使い込んだだけあって擦り減ったり、解れたりと消耗しているなところが随所にありますが、パソコンを運搬するという機能を失うことなく現在に至っています。

外装がかなり疲れた感じになってきたので、この記念の記事をもって私の「ThinkPad ベーシック・ケース 」を卒業させることにします。

3年以上使ったThinkPad ベーシック・ケース (43R9113)

一見するとまだ使えるように見えますし、実際に使えます。肩掛けストラップもきちんとつながっています。経年を感じさせる部分というとハンドル部分の解れ、金具の塗装剥げです。


3年以上使ったThinkPad ベーシック・ケース (43R9113) の裏側

裏側もまだまだ使えそうです。縫製は大丈夫ですが、表面の毛羽立ちとシワができています。


取っ手(ハンドル)の部分

持ち手部分のところにはストレスがかかったためにひび割れができています。革素材のところが少し破けて、解れもあります。


肩掛け(ショルダーストラップ)を取付ける金具の部分

肩掛け(ショルダーストラップ)を取付ける金具のところは、元々はつや消しの黒い塗装がされていたのですが、剥がれて金属光沢が見えています。キャリングケースを肩にかけて持ち運んだのでフックの部分の摩耗も進んできました。


ファスナーの金具の塗装は剥がれた

ファスナーの金具の塗装も剥がれてきました。機能的には問題ないレベルです。


サイドのチャック部分

サイドのファスナーの金具の塗装も剥がれてきました。ThinkPadのアイコンの1つである赤いポッチは健在です。すぐ取れてしまうのかと思ったけど、とっても丈夫でした。


ThinkPadのロゴのある底部の角

ThinkPadのロゴのある側面から底部にかけての角の部分です。この部分は使用後もあまり変化がない感じです。


オープンポケットの裏地がボロボロに

オープンポケットの裏地がボロボロになってしまいました。ほかの部分はまだまだ使えますが、この剥がれたものが小さなゴミになるので終わりが近くなったと判断しました。


ちなみに後継の商品は、「ThinkPad プロフェッショナル・スリムトップロードケース」になります。さらに上となると、「ThinkPad プロフェッショナル・トップロードケース」や「ThinkPad エグゼクティブ・レザーケース」がお薦めです。


■関連記事
ThinkPad ベーシック・ケース (43R9113) パソコンバッグのレビュー


⇒キャリング・ケースのカテゴリーが割引対象のクーポン配布中です。
⇒他の周辺機器や期間限定のクーポンはeクーポンのご案内を参照してください。

▼豊富なキャリング・ケースはこちらから



| ThinkPad-Plus | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:50 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ
Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 330sレビュー
Lenovo V530S Small レビュー
ThinkPadシリーズ
ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Yoga レビュー

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

 

クーポン

ThinkPad eクーポン

レノボ

レノボ・ジャパン

おまかせ

パソコン・タブレット・PC周辺機器ならレノボ・ショッピング

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode