Entry: main  << >>
ThinkPad X220 レビュー
今年2011年のLenovo ThinkPad Xシリーズ本命はThinkPad X320とかが出ない限りはやっぱりThinkPad X220と思っていいのではないでしょうか? すでにThinkPad X220をリアルモバイルPCとして使っている人も多く、とても評判のよいマシンです。今回は秋葉原のタッチアンドトライイベントにてThinkPad X220とウルトラベースとのセットで使用感を確認してきましたのでそのレビューレポートになります。


ThinkPad X220 レビュー

外光が差し込む場所でも視認性が高く、筐体デザインの完成度が冴えているマシンに仕上がっていると感じました。パームレスト部分のスペースも確保されていて、タッチバッドはクリックボタン一体型になったことで面積が広くなり操作しやすくなっています。ThinkPadユーザーだからトラックポイントしか要らないという声も聞こえてきますが、他のPCメーカーからの乗換えや他の人が使う機会もあると思うのでこの改良は社用に買う場合にポイントが高いです。


ThinkPad X220 液晶

今回液晶の表示にもこだわっており、12.5型HD液晶 (1366x768 300nit IPS LEDバックライト)モデルが用意されています。以前はThinkPadの液晶は青っぽいだの、発色が乏しいなど散々いわれていたものが大幅に改善されています。


ThinkPad X220 キーボード

伝統の6列キーボードです。新幹線や飛行機の中、あるいは膝の上で使う際にコンパクトで打ちやすいこのキーボードのおかげで仕事ができるというものです。


ThinkPad X220 右側

右側にはパソコンが電源OFFのときにも給電可能な黄色いUSBポートがあります。出張先で携帯電話などをUSBケーブルで充電するのに役立ちます。あと有線LAN(RJ-45)とヘッドフォン・マイクコンボポートもあります。


ThinkPad X220 左側

ThinkPad X220本体にも外部モニターの出力は付いていますがあくまでもこれは客先や会議室などへ移動したときにプロジェクターに映すためのものです。常用するのはスマートではありません。ThinkPad X220ユーザーだったらウルトラベースから出力しましょう。


ThinkPad X220 ドッキングステーション

ThinkPad ウルトラベース・シリーズ 3には、アナログRGBやDisplayPort(※HDMIに変換するには別売りのDP-HDMI変換アダプタが必要)といった外部モニター出力、USBポート、有線LANポート、スピーカー、マイクジャックを備えているほか、光学ドライブも搭載することができます。
例えば、ウルトラベースにあるUSBポートに外付けHDD、マウスなどを接続して、外部モニターや社内LANなどに接続しておき、自席で使うときにはデスクトップのように使い、そして多くの周辺機器を同時に活用するといったことが可能です。そして、うれしいのがウルトラベースに機器は接続したままにしておきThinkPad X220だけを外して持ち歩くことができることです。
ケーブルを外したりする手間は勿論、USBのポートを変えるとドライブれーターが変わってしまったり、ドライバのインストールがまた行われたりと面倒から開放されます。


ThinkPad X220 ウルトラベースと光学ドライブ

最近はほとんど使用することがなくなったCD/DVDメディアですが、たまに必要になることもあり外付けドライブを探すというの煩わしいですね。ウルトラベースに内蔵しておけば解決です。


ThinkPad X220 ウルトラベース3の電源

ウルトラベースへの電源はACアダプターから行いますが、ThinkPad X220がドッキングしているときにはそのままPC本体へも給電されます。つまり、モバイルから帰ってきたらPC本体をドッキングさせるだけで周辺機器のケーブルを接続しなくてすむのは勿論、ThinkPad X220へACアダプタを接続する手間さえ要らないのです。

ThinkPad X220 使用環境の例

ケーブルが必要な機器はウルトラベースに接続するとThinkPad X220の機動性を最大限生かすことができタッチアンドゴーで使えます。

ThinkPad 2桁シリーズからの乗換えにはThinkPad X220で決まりですね。それと、ThinkPad X200よりも3倍程度高速化していて、レノボ独自のWindows7の高速化技術EE2.0にも対応している快適な利用ができるこのマシンはオススメです。




《期間限定!》ハイスペック&オプション付のThinkPad X220シリーズ
 インテルCore i7-2620M/8GB RAM/WiMAX対応ワイヤレスLANの山盛りハイスペック! さらに専用ウルトラベースが付属する期間限定のお得なパッケージ! ThinkPad ウルトラベース・シリーズ 3は通常価格18,900円がなんと無料になります。



 
■「ThinkPad X220」 -期間限定特別パッケージ
 
 CPU:インテル Core i7-2620M プロセッサー (2.70GHz)
 OS:Windows 7 Home Premium 64 正規版
 ディスプレイ:12.5型HD液晶 (1,366x768 200nit LEDバックライト)
 RAM:8GB PC3-10600 DDR3 (2スロット使用)
 HDD:320GB (7,200rpm)
 ワイヤレス:インテル Centrino Advanced-N + WiMAX 6250
 オプション:ThinkPad ウルトラベース シリーズ 3
       ※ウルトラベイに装着の光学ドライブは別売です。
 ------------------------------
 通常ダイレクト価格:¥365,505
 キャンペーン価格 :¥173,250
 
 ★広告限定クーポン適用で18%OFF!★
 ---------------------------------
 クーポン適用価格 :¥142,065

 ThinkPad X220 カスタマイズ・購入




そのほかの仕様・価格についてはレノボ・ジャパン公式サイトにて・・・ThinkPad X220の仕様・カスタマイズ情報

ThinkPad X220にも使えるeクーポンコード レノボ・ショッピングで使えます!




| ThinkPad-Plus | 22:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:46 | - | - | pookmark |
Comment
ナンテコタ。ウルトラベースが付いてこの値段とは・・・。 注文が4日遅ければ ・゚・(ノД`;)・゚・  質問ですが、ウルトラベース3の出力ですが、ディスプレイポート?HDMI?どちらなんでしょうか?HPだとDPですが。
Posted by: jamjamta |at: 2011/07/27 1:18 AM
キャンセルして注文しなおすという技を使う人も結構いらっしゃいます。納期が遅れますけど、どうしてもという場合には連絡してみてはいかがでしょうか?

ウルトラベース3の出力はVGAとDPでした。すいません。HDMIは付いていませんでした。レノボの担当者と前のX201のときになんでDP付けてHDMIをつけないのかということを話していててっきり付いたと思い込んでました。

ちなみにThinkPad Xシリーズに関しては発売、クーポン率上げ、ウルトラベース無料添付、さらに光学ドライブ付き、クーポン率上げという製品価格・パッケージのサイクルがX200シリーズの頃からあります。

大抵は年末や年度末まで待てないので買っちゃうことになるわけですが、その頃にはウルトラベースにドライブ付きでボーナスセールをすると思います。
Posted by: ThinkPad-Plus |at: 2011/07/30 10:30 PM








Trackback

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ
Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 330sレビュー
Lenovo V530S Small レビュー
ThinkPadシリーズ
ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Yoga レビュー

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

 

クーポン

ThinkPad eクーポン

レノボ

レノボ・ジャパン

おまかせ

パソコン・タブレット・PC周辺機器ならレノボ・ショッピング

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode