Entry: main  << >>
ThinkPad X1 起動時間17.6秒の秘密 「ThinkVantage Technology」
第二回ThinkPad大和魂ミーティング レポートの第2弾です。先日、「第二回ThinkPad大和魂ミーティング レポート」として、ThinkPad X1のハードウェアについての特徴についてはアップしていますので、今日はソフトウェアについて書こうと思います。

Think製品のソフトウェアの総称を「ThinkVantage Technology」といい、パソコンの高速化技術のLenovo EE、パソコンを便利に使うためのユーティリティ、データを保護するための技術や万一のためのバックアップとリカバリーなどもこの範疇です。


Lenovo ThinkVantage Technology 最新技術の紹介
レノボ・ジャパン株式会社

ThinkVantage Technology (1)

ThinkPad大和魂ミーティングに参加するThinkPadユーザーにはお馴染みのソフトウェアです。


ThinkVantage Technology (2)

TVT開発のソフトウェアエンジニアの今井さんと塚本さんがプレゼンをしてくれました。


ThinkVantage Technology (3)

最新のThinkVantage Technologyが搭載されているのは、ワークステーション ThinkPad W520、タブレット方 ThinkPad X220 Tablet、モバイルパフォーマンスモデル ThinkPad T420s、モバイル特化型 ThinkPad X220、プレミアム・モデル ThinkPAd T420/T520、メインストリームモデル ThinkPad L420/L520とSMB向けモデルのThinkPAd Edgeシリーズになります。

第2世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーの性能や機能を引き出すようになっており、高速化技術のターボ・ブースト・テクノロジー2.0やセキュリティ技術のvProテクノロジーを有効に活用できます。


ThinkVantage Technology (4)

ThinkVantage Technologyについて3つのテーマで発表がありました。
1. Power Managerで電力コントロール
2. ネット会議ツールの向上
3. Enhanced Experienceの強化


ThinkVantage Technology (5)

1. Power Managerで電力コントロール
新しいPower Managerでは節電対策の機能が大幅に強化されました。PCの節電設定をアクティブ・ディレクトリ(AD)を使ってIT管理者による設定の配布が可能になりました。例えば、社内LANにあるPCの設定を変えて歩かなくても、電源スケジュールとピークシフト機能で最大使用電力15%カットもできるという機能です。

電源スケジュールでは時間帯に合わせてスリープやモニターのオフ設定ができます。節電設定の時間・曜日指定が可能なので消費電力のピーク時間帯節電対策の設定に効果的です。


ThinkVantage Technology (6)

ピークシフト機能は、夜間にThinkPadのバッテリーに充電しておいた電力を日中に使って13時から16時の夏場の電力消費のピーク時に使用電力を無くすことができる機能です。ピークシフト中はAC電源に接続していてもバッテリー稼動させるので、電力会社の電力は使用せずにパソコンを動かします。


ThinkVantage Technology (7)

パソコンメーカーやプロバイダーなどのお知らせで、節電の方法の説明を読んだ方も多いと思いますが、設定してみましたか? パソコンを複数使っていたり、設定の操作に詳しくなかったりでエコ設定に変えていないということもけっこうあるんじゃないかと思います。

そこで、Power ManagerのWindowsのADを使って設定が活きてきます。


ThinkVantage Technology (8)

バッテリーをよく使う人のパソコンについては、バッテリー使用状況が管理されていてピークシフト機能をオフにする機能も搭載されているので、会社全体にピークシフト機能の設定をしたとしても、例えば営業部門やフィールド対応部門の人のパソコンは自動的にピークシフトの機能が無効になります。


これだけバッテリーを使う話が続くとバッテリーの消耗は大丈夫なのか? 劣化は?
その解決策についても説明がありました。


ThinkVantage Technology (9)

ThinkPad X1に搭載のバッテリーセルはリチウムポリマーバッテリーで1000回の充電サイクルの保証を実現しています。バッテリー使用状況による充電電圧の自動最適化と使用可能年数を延ばすためにあえてバッテリーを満充電しないというバッテリー・へルスモードが追加されました。
バッテリー・ヘルスモードでは満充電を本来の満充電容量の50%にすることで、バッテリーに無理をかけずに劣化を防ぐというものです。

私の記憶では、バッテリーにはメモリー効果があり空や低容量の状態はよくないと思っていましたが、デスクワーク中心で、AC電源が常に接続されていてバッテリーを全く使わずに常時100%にしておくのがバッテリーの劣化をもっとも早めるのだということでした。

その対策としては、今回から通知領域などでバッテリー残量100%と表示しても内部的には少しバッテリーを使って下げておくようにバッテリー制御のアルゴリズムを変えたそうです。


次はLenovo独自にIntel Turbo Boost Technologyの時間を長くする技術の紹介です。

ThinkVantage Technology (10)

高負荷時にクロック周波数を上げて処理速度を上げると問題になるのが発熱です。

分かりやすく行っておくと、映画やアニメの世界では敵に追われているときにブースターに点火したらスーパースピードに加速するけどたいていすぐにエンジンが持たないって話になります。ノートPCの場合、CPUが壊れてしまうためCPU周りの冷却が必要ですね。

Lenovoターボブーストモード+は、FANの高速回転でCPUのリーク電流を低減し、パフォーマンスアップを実現します。2.6GHzのCPUで2.7GHzのCPUパフォーマンスを実現します。

仕事でピンチのときにLenovoターボブーストモード+で切り抜けられるかも?!


ここで発表者が交代して
2. ネット会議ツールの向上
についての説明に入ります。

ThinkVantage Technology (11)

海外の拠点などネット会議が一般的になった今日、Communications Utility2.0で新機能が加わりました。
1.VoIP通話に特化
2.カメラ機能の拡張
3.Fn+F5によるSkype呼び出し

ThinkVantage Technology (12)

ThinkPad内蔵のマイクがキーボードのキータイプ音を拾ってしまい相手に不快な思いをさせたり、音声を聞き取りにくくさせてしまっていましたが、キータイプ音のみを除去するように改良されました。

マイクについても最適化がはかられて、プライベートモードと複数会話モードが使い分けできるようになりました。ThinkPadの使用者が会話しているのか、パソコンを囲んで会話しているのかで指向性や音量が調整されます。

私もよくマイクから離れていて声が遠い人がいて困っていましたが、このマイクモード使い分け機能があれば聞きやすくなりますね。

ThinkVantage Technology (13)

カメラ機能についても拡張されました。画質の調整とFacebookやBlogなどの用途に顔写真のスナップショットを撮影する機能とプライバシー機能(VoIP通話中に予め撮影した画像を表示する)も付きました。
コンシューマー向け製品では珍しくない機能ですが、ThinkPadにも搭載されました。

ThinkVantage Technology (14)

PCで通話というとSkypeが一般的になったと思うのは私だけではなかったようで、ファンクションキーでの呼び出しに対応しました。


ThinkVantage Technology (15)


3.Enhanced Experienceの強化

PCの起動が速い!
Lenovo EE 1.0技術が搭載されたThinkPad T410sも起動が速いと感じましたが、ThinkPad X1ではさらに高速化していて、PCの起動時間 17.6秒という計測結果が披露されました。シャットダウンも3.9秒となっています。ここまで短時間で起動終了ができると、思い立ったときに使って、使い終わったら終了という利用スタイルが実現できます。

ThinkVantage Technology (16)

新しいThinkVantageの機能でもっと新しいThinkPadが使いやすく、便利になるということが分かりました。

ThinkVantageについての質疑応答では、参加者からは、バッテリーの制御機能についての質問のほか、ネットワーク接続環境ユーティリティ「Access Connections」の不安定さについての厳しい質問も飛び出し、そこで盛大な拍手・・・ 私も感じていました。無線LANをPCを固定して使っているときはいいのですが、WiMAXなどの広域ワイヤレスネットワークから、自宅の無線LAN、あるいはその逆に自宅の無線LANから広域ワイヤレスネットワークに切替えようとすると不安定になることが頻繁にあるようです。接続先の探索アルゴリズムあたりに迷いがあるような感じで、「応答なし」になってしまいます。
今後、鋭意開発していくとのことですので改善に期待しています。


Lenovo Web 広告限定ストア ThinkPadシリーズ








| ThinkPad-Plus | 07:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 07:41 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ
Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 330sレビュー
Lenovo V530S Small レビュー
ThinkPadシリーズ
ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Yoga レビュー

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

 

クーポン

ThinkPad eクーポン

レノボ

レノボ・ジャパン

おまかせ

パソコン・タブレット・PC周辺機器ならレノボ・ショッピング

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode