Entry: main  << >>
ThinkPad X240レビュー
移動の多いビジネスマン(特に営業職やフィールドエンジニア職の方)に人気のLenovo ThinkPad X240レビューです。タッチスクリーンモデルをたっぷりと触れる機会を得ましたので、まずはデザイン、質感を中心に評価した内容をアップします。

ThinkPad X240

ThinkPad X240は第4世代 Core プロセッサー、インテル vProテクノロジーを搭載した新型の12.5型Ultrabookです。約20.3mmの厚さに進化した薄くて軽い筺体構造は大和開発陣の渾身の作です。

ちなみに、さらに薄型化した"s"付のThinkPad X240sは低電圧版のプロセッサー搭載でモバイル力がアップしたマシンです。以前に掲載したThinkPad X240sのレビュー記事はこちらです。
ThinkPad X240s レビュー


ThinkPad X240

タッチスクリーン対応ながらもノングレアの液晶は映り込みが少なく低反射でした。


ThinkPad X240 デザイン

ThinkPad X240sと外見ではわからないほど薄型になったThinkPad X240のデザイン、タッチバッドの左右にパームレストが配されていてバランスがとても良いです。


ThinkPad X240 タッチパネル

1920x1080の高解像度、ISP、LEDバックライト、しかもマルチタッチ10点対応と12.5型としては充実したスペック、Windows 8 / 8.1のタイルのスタート画面もばっちり活用できます。


ThinkPad X240 液晶

ThinkPad X240 フルHD IPSパネルの実力は正面から見たときの美しさと、色変化のほとんどない、左右180度に近い広い視野角が特長です。


ThinkPad X240キーボード

レビューしたモデルはフルサイズ・キーボード(6列配列/キーボード・バックライト付)、89キー( Fnキー、PgUpキー、 PgDnキー、Windowsキー有)、JISひらがな配列、5ボタントラックパッドです。ちなみにカスタマイズで英語キーボードも選択できます。


ThinkPad ロゴ

ThinkPad ロゴはご覧のとおりです。カスタマイズでプラス約1000円で搭載できるログオン時にとても便利な指紋センサーはカーソルキーの横に配置されるようになりました。



ThinkPad X240のキートップLED

ThinkPad X240のファンクションキーの一部にはキートップLEDインジケーターがついていて、ミュートやマイクオフが一目でわかるようになっています。従来は独立したファンクションキーとして存在していてスペースを取っていました。賛否はあるでしょうが、私の使用頻度だとこちらの方式で十分でした。


ThinkPad X240のトラックポイント

ポインティングデバイス「トラックポイント」はロープロファイル(0A33908)タイプのTrackPointキャップが装着されており、ThinkPadならではのキーポジションから離れずにカーソル操作もできるのでPC使用者への生産性・効率アップが図られています。


ThinkPad X240 5ボタントラックパッド

「5ボタントラックパッド」は、ジェスチャー操作に窮屈さを感じさせないよう、従来の機種よりも広い領域が確保されています。1枚の板のように見えるトラックパッド出ず可、とっても指触りが滑らかで気持ちの良いガラス製クリックパッドに5つのボタンが組み込まれています。


ThinkPad X240 キーボードバックライト

ThinkPad X240 キーボードバックライトはカスタマイズ・オプションで選べる項目の一つで、消灯と点灯(2段階の明るさ)で、キータイプ時に手元に明かりが必要な時に重宝します。照明がないとき、例えば長距離移動時の夜間の機内などで利用することになると思います。


ThinkPad X240

ThinkPad X240の型名を示すマーキングは右のヒンジの直のところ、電源ボタン近くにあります。縁の部分の凹凸が少なく、タッチスクリーンの液晶と周囲の組み合わせで滑らかにタッチしやすくなっています。


ThinkPad X240 天板と背面

ThinkPad X240 天板と背面は上野写真でご覧のようにThinkPadとLenovoのロゴが相手に見えるような向きに配置されています。つやけしで、黒すぎない色合いが従来のThinkPadよりも質感を高めていると私は思いました。


ThinkPad X240 右側面

ThinkPad X240 右側面にはマイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、Powered USB 3.0 x 1、4 in 1 メディアカード・リーダー、RJ-45 x1、セキュリティー・キーホールがあります。WWAN対応モデル用で使われると思われるSIMカードスロットが4 in 1 メディアカード・リーダーのすぐ上にあります。そのうちLTEモデルも発売されそうですね。


ThinkPad X240 左側面

ThinkPad X240 左側面には電源ジャック(DC-in)、アナログディスプレイポート x1、USB 3.0 x 1、MiniDisplayPort x1があります。薄型筐体でもしっかりとアナログディスプレイに出力できるVGA ポートが標準搭載なのがとてもよいです。変換ポートや変換ケーブルは、使おうとしたときに用意し忘れたりして肝心な時に使えないこともあり、気にかけていなければならないのが不便ですからね。

貸し会議室など不慣れな会場・機材で事前に接続を確認できない発表会などのプレゼンテーションの場にも安心して持ち込めますね。


ThinkPad X240 前面

ThinkPad X240 前面にはインターフェースポートの配置はありません。
ノッチレスタイプで片手であけられる画面、天板とベースのフットプリントのサイズがほぼ同じのすっきりとした感じが無駄がなくてよいと思います。


ThinkPad X240 背面

ThinkPad X240 背面にもインターフェースポートの配置はありません。
ディスプレイ部の開閉耐久性にも定評があるThinkPadシリーズですが、今回のヒンジも丈夫で好みの角度でしっかりとキープできました。質感としてはメタリック感があまり目立たなくなっていてよい感じです。


ThinkPad X240 底面

ThinkPad X240 底面にはドッキングコネクターがあます。ほぼフラットで、PCバッグに入れたりスーツケースに入れたりしたときに邪魔になる突起物は排されています。ゴム足は丸みを帯びていてかつ縦横に配置されておりバランスと安定感、はがれ防止といった工夫がなされていました。


ThinkPad X240 リアバッテリー

上の写真だとバッテリー・パックが取り外されている!って思うわけですが、なんとThinkPad X240はこれとは別に「3セル内蔵バッテリー」(フロントバッテリー)を搭載可能です。 内蔵+リア・バッテリーの組み合わせにより、予備の充電済みバッテリーと交換するときも通電したままでよいのでノンストップで使い続けられるようになりました。

ThinkPad X240 リアバッテリー

写真は、「3セル Li-Poly システム・バッテリー」です。さらに大容量の「6セル Li-Poly システム・バッテリー」も装着できますがその場合は少し出っ張る形になります。

ThinkPad X240 リアバッテリー

筐体底面と同系色・質感になっています。この3セルバッテリーはとても薄いのにハイパワー、最新のプロセッサーやデバイスの省電力技術も合わさって、長時間のバッテリー稼働が実現しています。
仕様表に記載の最大 約14.9時間駆動は3セル(内蔵)+3セル Li-Poly システム・バッテリー搭載時のものです。


ThinkPad X240のメモリカードスロット

ThinkPad X240のメモリカードスロットは、4 in 1 メディアカード・リーダーを標準搭載しており、 SD/SDHC/SDXC/MMCの読み書きに対応しています。SDメモリカードを挿入するときっちり入るので刺したまま使う際に邪魔にならなくていいです。底面側が数ミリ短くなっているのでその部分を利用すると着脱しやすいよう工夫されています。

ThinkPad X240 ACアダプター

45W ACアダプターはだいぶ小さくなったので長期出張の際などにありがたいです。


ThinkPad X240 電源形状

新しいThinkPadで採用されている角形タイプのコネクタ形状です。



■レビューしたThinkPad X240 システムの構成
 インテル Core i7-4600U プロセッサー (2.10GHz, 4MB, 1600MHz)
 Windows 8 (64bit) ちなみに、Windows 8.1 (64bit)へアプリストアから無償バージョンアップできます。
 12.5型FHD液晶 (1920x1080 LEDバックライト 光沢なし IPS) マルチタッチ対応
 インテル HD グラフィックス 4400
 8GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)
 日本語キーボード、UltraNav TrackPoint およびマルチタッチ・タッチパッド
 カメラ(HD 720p対応)
 500GB ハード・ディスク・ドライブ, 5400rpm
 3セル リチウム・ポリマー バッテリー
 45W ACアダプター
 インテル Wireless-N 7260 + Bluetooth 4.0
 1年間 引き取り修理



■ThinkPad X240 標準構成時仕様
バッテリー駆動時間 最大 約14.9時間
ポート USB 3.0 x 1、Powered USB 3.0 x 1、アナログ x1、MiniDisplayPort x1、
    RJ-45 x1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、
    ドッキングコネクター、電源ジャック
マイク デジタルマイクロフォン/ステレオ・スピーカー、DOLBY ADVANCED AUDIO v2対応

本体質量 約1.45kg(標準構成時)
     約1.47kg(マルチタッチ・ディスプレイ搭載時)
本体寸法 約305.5x208.5x19.9-20.3mm

リンク→ ThinkPad X240使用表
リンク→ ThinkPad X240の特長


■Lenovo ThinkPad X240 製品情報と価格
 人気のモバイルビジネスPC ThinkPad X240のエントリーモデル。Core i3/2GB RAM/500GB HDDに12.5型HD(1,366×768)液晶を搭載。広告限定クーポンで《25%OFF》で8万円台に!



■「ThinkPad X240」 - エントリーパッケージ
 CPU:インテル Core i3-4010U プロセッサー (1.70GHz)
 OS:Windows 8 (64bit)
 ディスプレイ:12.5型HD液晶 (1,366x768 LEDバックライト)
 RAM:2GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)
 HDD:500GB (5,400rpm)
 ワイヤレス:インテル Wireless-N 7260
 ------------------------------
 販売価格 :¥118,860

 ★広告限定クーポン適用で25%OFF
 --------------------------------
 クーポン適用価格 :¥ 89,145
 ▼ThinkPad X240 購入ページ



 Core i7/8GB RAM/500GB HDDに12.5型フルHD(1,920×1,080)液晶を搭載したThinkPad X240 新パッケージが登場!広告限定クーポンで《25%OFF》に!



■「ThinkPad X240」 - ハイパフォーマンス高解像度ディスプレイパッケージ
 CPU:インテル Core i7-4600U プロセッサー (2.10GHz)
 OS:Windows 8 (64bit)
 ディスプレイ:12.5型フルHD液晶 (1,920x1,080 IPS LEDバックライト)
 RAM:8GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)
 HDD:500GB (5,400rpm)
 ワイヤレス:インテル Wireless-N 7260
 ------------------------------
 販売価格 :¥169,890

 ★広告限定クーポン適用で25%OFF
 --------------------------------
 クーポン適用価格 :¥127,417
 ▼ThinkPad X240 購入ページ






| ThinkPad-Plus | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:40 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ
Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 330sレビュー
Lenovo V530S Small レビュー
ThinkPadシリーズ
ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Yoga レビュー

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

 

クーポン

ThinkPad eクーポン

レノボ

レノボ・ジャパン

おまかせ

パソコン・タブレット・PC周辺機器ならレノボ・ショッピング

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode