Entry: main  << >>
ThinkPad L520
ビジネスPCとして多くが導入されてきたLenovo ThinkPad L512の後継機種ThinkPad L520が発表されました。 メインストリームのノートパソコンとして、ThinkPad L512を使ったことがあるので新機種のThinkPad L520にも大いに期待しています。特に、ThinkPad L520については最新CPUを搭載した新機種が従来機種とほぼ同等の費用で用意できるので企業・団体のIT部門担当者にはうれしいです。

スペック面では最新CPU・ビデオチップ内蔵が選べること、PC本体には余分なソフトウェアのインストールがないこと、過剰な紙マニュアルなどの添付品がなくシンプルなこと、故障率が低いことがこの機種の大量導入と日々のPCサポート運営上のメリットです。

※当ブログのThinkPad LシリーズPCのレビュー記事 
ThinkPad L512を使っています

写真を見たところ、ThinkPad L512とほぼ同じデザインでした。企業で段階的にWindows7への移行を進めるために継続的に購入する場合でも従来のThinkPad L512と新製品のThinkPad L520とのデザイン上の違いが目立たないのが良いと思います。


ThinkPad L520

ThinkPad L520」の主な仕様
・インテル Core i7-2620Mプロセッサー、インテル Core i5-2520Mプロセッサー、インテル Core i3-2310Mプロセッサーなどから選択可能
・モバイル インテル HM65 Express チップセットを搭載
・モバイル インテル HDグラフィックスを搭載
・最大8GBのDDR3メモリーを搭載可能
・OSにはWindows7 Professional (32bit) 正規版を搭載
・最大500 GBのハードディスク・ドライブを搭載可能
・LEDバックライト15.6型16:9ワイドHD TFT液晶 (1,366×768ドット、1,677万色、光沢なし)を採用
・最薄部厚さ32.0mm、重さ2.61kg(標準の6セルバッテリー搭載時)
・54mm Express Cardスロット、4-in-1メディアカード・リーダーを搭載
・4つのUSB2.0ポートを装備(USB2.0 x 3、eSATA/USBコンボ x1)
・DVDスーパーマルチ・ドライブ搭載
・6セルバッテリー搭載、最大約6.2時間のバッテリー駆動時間
・ENERGY STARR適合
・Microsoft Office Personal 2010搭載モデル選択可能

詳細・構成カスタマイズ・購入:ThinkPad Lシリーズ






| ThinkPad-Plus | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:50 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ
Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 330sレビュー
Lenovo V530S Small レビュー
ThinkPadシリーズ
ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Yoga レビュー

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

 

クーポン

ThinkPad eクーポン

レノボ

レノボ・ジャパン

おまかせ

パソコン・タブレット・PC周辺機器ならレノボ・ショッピング

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode