Entry: main  << >>
IdeaPad Yoga 13 と ThinkPad T430sの比較レビュー
先日、兄弟ブログであるIdeaPad Plus Blogに「IdeaPad YOGA 13が届いた! まずは開梱レビュー」をアップしたのですが、ThinkPad Plus Blogでは、ThinkPadとの比較をします。比較対象にはThinkPad X1 Carbon Touchがほしかったのですが、手元にあるThinkPad T430s (製品番号:2352CTO、Windows8 Proインストール)とIdeaPad YOGA 13 (製品番号:2191)の比較レビューになります。

ThinkPad T430sと比較するには光学ドライブ搭載/非搭載の違いなどがあって、価格も違いますが読者の方にはThinkPadとIdeaPadの方向性の違いを疑似体験できればと思い記事にします。個人用にThinkPadを購入しよう、業務用にIdeaPadを購入しよう、といったちょっとイレギュラーな購入検討にも役立ててください。


IdeaPad YOGA 13の液晶は13.3型HD+液晶 (1,600x900 LEDバックライト マルチタッチ)で高視野角IPSパネル採用、ThinkPad T430sは14.0型HD+液晶 (1,600 x 900 LEDバックライト)と両者の解像度は同じです。表示領域の差はありますが両者のPC本体のサイズはかなり近いです。キーボードはIdeaPad系、ThinkPad系の系統を受け継いでいて違います。そしてタッチパッドは相違点が多く、まず配置とサイズ、クリックボタン一体型か独立か、それと表面加工が違います。

ほぼ180度に展開して、2台を比較しました。左がIdeaPad YOGA 13で右がThinkPad T430sです。どちらもWindows8のスタート画面のタイルを表示させています。

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430sの液晶比較

斜めから見ると、IdeaPad Yoga 13の液晶の綺麗さ、ThinkPad T430sの液晶の色変化の醜さが顕著です。仕事でこんな使い方はしないので視野角についてはThinkPadでは想定していないか重視されていないと思います。一方でIdeaPad Yoga 13は4つのモードで様々なタブレットやテントといったスタイルでも快適に使えるように設計されていることがうかがえます。

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430sの液晶比較(斜め)

両者ともヒンジは金属製でメタル感がありますが、IdeaPad Yoga 13の方が幅が広くなっています。360度近く展開してタブレットとして使う時の安定性を考慮しているのではないかと推測されます。

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430のヒンジ比較

ThinkPad T430sといえば光学ドライブ内蔵のThinkPadとして最薄なのですが、IdeaPad Yoga 13はかなり薄く、並べたら段差がこんなにできてしまいました。

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430s

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430sは液晶部分の厚みもかなり違います。タッチスクリーン搭載なのにIdeaPad Yoga 13は薄いのです。ThinkPad T430sは液晶を閉じたときにフックで固定する構造になっていることも厚みが増す要因です。使い勝手としては、フックレスの液晶の方が片手で開けて便利ですし、フックの破損の心配もいらないので利点です。

IdeaPad Yoga 13は液晶も薄い


IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430sの薄さ対決として立ててみると、次の写真のように差は歴然です。光学ドライブがあるからT430sが厚いのは仕方がないのですが、この差はPCバッグへ入れたときにさらに書類も一緒に持ち歩けるかどうかというほど違います。

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430sの薄さ対決

IdeaPad Yoga 13はボディーも薄いので天板を閉じても、なおThinkPad T430sの本体部分よりも薄いです。これはスゴイです。

IdeaPad Yoga 13はボディーも薄い

PC本体のサイズを小さくして、薄くしたらどうなるかというと、キーボードにはしわ寄せがいきます。キーストロークがIdeaPad YOGA 13は浅くなっています。往年のクラシックThinkPadを愛好している方にとってはThinkPadのアイソレーションキーボードですら嫌なのにIdeaPadのアイソレーションキーボードは配列もトラックポイントもないので好きになれないでしょう。トラックポイントを搭載してIdeaPad YOGAの薄さにするにはトラックポイントの構造から限界は近いと思います。

IdeaPad Yoga 13キーストロークは浅い

背面にあたる部分はどちらもバッテリー内蔵とキーボードの傾斜のために厚くなっているのですが、背面のインターフェース配置の考え方の違いから形状がこんなに違います。同じレノボが作っても、開発陣が違いとこれほど違くなるのですね。

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430sの外観比較

IdeaPad Yoga 13はACアダプターも薄く小さくなってました。鞄がポコって膨らまなくてすみます。

IdeaPad Yoga 13はACアダプターも薄く小さくなった


ところでIdeaPad Yoga 13の話題のテントモードです。

IdeaPad Yoga 13のテント・モード

テントモードを縦置きして、ThinkPad T430sの傍らに置けば、タイムライン、メッセンジャーやメールなどのリアルチェックに使ったり、リモートデスクトップで接続してアプリのテストに使ったりと活用できそうです。贅沢な使い方ですがとってもいいです。

IdeaPad Yoga 13とThinkPad T430sを両方活用

レビューのまとめですが、Windows8の活用、デザインや形状の自由度、見た目、液晶の見やすさの点でIdeaPad Yoga 13はとても優れています。ThinkPad T430sは光学ドライブ搭載、ThinkライトやトラックポイントといったThinkPadにしかない機構の搭載がありそれを必要とする人にとってはなくてはならない機種です。ThinkPadファンとしては”ThinkPad YOGA”の登場を期待しておきます。

以上、IdeaPad Yoga 13 と ThinkPad T430sの比較レビューでした。



IdeaPad YogaのラインナップThinkPad T430sのラインナップや製品情報、スペックや価格などは下記のバナーリンクからご覧いただけます。







| ThinkPad-Plus | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:29 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ
Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 330sレビュー
Lenovo V530S Small レビュー
ThinkPadシリーズ
ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Yoga レビュー

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

 

クーポン

ThinkPad eクーポン

レノボ

レノボ・ジャパン

おまかせ

パソコン・タブレット・PC周辺機器ならレノボ・ショッピング

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode