Page: 1/3   >>
Insider Dev Tour Tokyoのメモ #insiderdevtour
2018年6月17日 品川の日本マイクロソフト本社31階セミナールームC+Dで開催されたIT開発社向け勉強会「Insider Dev Tour 2018 at Tokyo」に参加してきました。

Insider Dev Tour

Microsoft 365、Office 365、Azure関連のクラウドの話、.net core3でで動作が速くなるのは大いに期待。Insider Dev Tour Tokyoのクイズ大会はガチな内容でした。MSIからMSIXへ移行はまだ先になりそうだけどWindows 10 Insider Preview」Build 17682でサポートされたので準備はしておかないと。Mixed Reality appsのはつねさん検証の最新の環境構築のバージョンの組み合わせなど役立ちます。
多くの技術者が気になっていた噂についての質問はMS側としては答えられないものが多くありました。開発する側からするとどうなるのか技術的興味と入れ込んで作って使われるものになるのかなど気になるので知りたいのですけれども、将来の計画については公開するわけにもいかないので仕方がないですね。
製品と開発技術の進歩はとどまることがなく、熱量の高い参加者との勉強会はためになりますね。来年の開催も期待しています。

「Mixed Reality appsを構築しよう」 より
Windows Mixed Reality Emulators

Windows Mixed Reality Emulators

Mixed Reality is transforming industries


Insider Dev Tour Labs で資料やツール、サンプルコードが入手可能
Insider Dev Tour Labs


Insider Dev Tour at Tokyo

Insider Dev Tour at Tokyoは、2018年6月に全世界各地で開催される開発者向けのイベントの日本版です。

Insider Dev Tour タイムスケジュール

開始 終了 内容
10:30 開場
11:00 11:10 イベントオープニング
11:10 12:40 キーノート
12:40 13:40 昼休み:ケータリングを提供します。ゲーム開催予定
13:40 14:10 セッション1
14:10 14:40 セッション2
14:40 15:00 休憩
15:00 15:30 セッション3
15:30 16:00 セッション4
16:00 16:20 休憩
16:20 16:50 セッション5
16:50 17:20 セッション6
17:20 17:50 セッション7
17:50 18:00 Q&A
18:00 18:10 クロージング

アジェンダ 各セッションのテーマ
1.既存のWindows 10アプリをモダナイズする
2.PWAを使ってあなたのWebアプリを最大限活用しよう
3.(ローカルセッション)
4.Office365を使って生産性の高いアプリを作ろう
5.Microsoft Graphを使ってすべてのデバイス間のユーザーエンゲイジメントを促進する
6.機械学習を始めよう
7.Mixed Reality appsを構築しよう

キーノート
MRデバイス、ドローン実機を使用し、本日紹介するテクノロジーについて、全体像をデモを中心にお見せ致します。
スピーカーはシアトルからくるエンジニア「Dave Crawford (PAX) 」が担当いたします。


1.既存のWindows 10アプリをモダナイズする
スピーカー:森さん(Microsoft MVP)

今日、多くの開発者がWin32, WPFそしてWinFormで複雑なアプリケーションを構築し、 多くの新しいプロジェクトで同様の技術で生成されています。
UWPはWindows 10上で動作する新しいモダンなアプリケーションを構築する素晴らしいテクノロジーです。 しかし、スクラッチから再作成する作業は常にタフな決断になります。
このセッションでは、あなたが既存資産を維持しつつ、安全で信頼性の高い配置や新しいモダンな機能の追加など、 自身のペースでアプリケーションをコントロールし、 Windowsのパワーを活用し、生産性を向上することができます。

2.PWAを使ってあなたのWebアプリを最大限活用しよう
スピーカー:大和屋(Microsoft MVP)

つい最近まで、Web開発者は多くの素晴らしいアプリケーションを構築するためにJavaScript/HTMLを使ってきましたが、Webアプリとネイティブアプリで何ができるかがちがっていました。
Progressive Web Apps(PWAs)と呼ばれる新しいアプリ(のクラス)では、Webアプリの中のネイティブアプリに似た機能を使うことでこのギャップを埋めることができます。
例えば、オフライン機能、バックグランド処理(アクティビティ)、ネイティブアプリのAPIやアプリストアの一覧(でさえ)などです。
そして、Web開発者がブラウザ用のコードをどのように使い、そしてプラットフォームに依らない常に進化するWebアプリ(ProbressiveWebApps)に拡張するかをご紹介します。

3. Blob Storage - Static Websites support
スピーカー:changeworldさん(Microsoft MVP)
概要: 昨今、“Serverless”という単語を見かけないことがないほど出回っている素晴らしいテクノロジーです。このセッションでは、そんな“Serverless”を誰にとっても身近な存在である静的Webサイトにおいてどのように現在では活用できるのか、また従来のやり方に比べてどれほど楽になるのかについてご紹介します。


4.Office365を使って生産性の高いアプリを作ろう
スピーカー:亀川さん(Microsoft MVP)

Office 365には、1億2千万人を超えるマンスリーアクティブユーザーに向けたクリエイティブなツールが用意されています。
その中にには驚くべき機能が含まれていますが、アプリケーションをロールやタスクに合わせてカスタマイズすることでユーザーの生産性と効率性を大幅に向上できます。
Microsoft Teamsの会話を拡張するOffice製品の新しい方法がdeep web extensionから行えます。 Office 365との統合により、ユーザーの生産性と効率性を高める主要な方法をお見せします。


5.Microsoft Graphを使ってすべてのデバイス間のユーザーエンゲイジメントを促進する
スピーカー:森さん(Microsoft MVP)

Windows, iOS, Androidなどのさまざまなユーザー向けのエクスペリエンスを構築する方法についてご紹介します。
Microsoft Graphを使用すると、スマートなコンテキストのエクスペリエンス、ユーザーの洞察、および中断した個所からのピックアップやタイムラインの統合など、高度な機能が利用できます。
Microsoft Graphはアプリケーションに接続できるインテリジェンスです。

6.機械学習を始めよう
スピーカー:changeworldさん(Microsoft MVP)

機械学習はラボから生産システムへと移行しました。
このテクノロジの操作方法を理解することは、今日の開発者にとって不可欠なスキルの1つです。
このセッションでは、機械学習の基礎、既存のモデルとサービスの使用方法、オリジナルのシンプルなモデルを作成する方法を学びます。


7.Mixed Reality appsを構築しよう
スピーカー:初音さん(Microsoft MVP)

Virtual and Argument Reality(仮想現実・拡張現実)は、私たちが仕事、遊び、学習方法を向上させる素晴らしい可能性を秘めています。
Windows Mixed RealityプラットフォームはARとVRを開発者向けの単一のAPIセットに統合し、メインストリームとなるデバイスで空間コンピューティングが利用できるようにする最大の方法を提供します。
このセッションでは、Unityを使用して、複数のデバイス上で実行できる非常にImmersiveなMixed Reality Experienceを構築する方法を学びます。


Insider Dev Tour


#insiderdevtour 関連リンク

Tokyo Insider Dev Tour
 https://insiderdevtour.com/Tokyo

Insider Dev Tour Labs
 https://aka.ms/insiderdevtour-labs

Insider Dev Tour at Tokyo - connpass
 https://connpass.com/event/89643/

Insider Dev Tour at Tokyo (2018/06/17) [NAVER まとめ]
 https://matome.naver.jp/odai/2152929130626239501

Insider Dev Tour Tokyoを開催 & 登壇しました [ChangeWorldさん]
 http://changesworlds.com/2018/06/insiderdevtour-tokyo-2018-done/






| ThinkPad-Plus | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
テレワークデイ
本日、テレワークデイです。いつもより早朝の電車が混んでいたような気もしますね。月曜日の遅れがちな通勤電車に加えて、学校が夏休みになり、スポーツ関連の大会などで集団で移動して、駅構内や電車の出入り口で滞留しているので趣旨がどれだけいきわたっているのか疑問です。政府関連の掛け声だからというわけではなく、なかなか習慣やスケジュールは変えられないということではないかと思います。

テレワークデイとは、
2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日をテレワーク・デイと定めて、総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び 経済団体と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした働き方改革の 国民運動を展開します。

テレワーク・デイ|働く、を変える日|2017.07.24

ThinkPad T470sとThinkVision P27とドッキングステーション

在宅や家近くのサテライトオフィスやワーキングスペースで仕事をするには、PCやコミュニケーションツールの快適性の向上が不可欠です。写真はThinkPad T470sとThinkVision P27とドッキングステーションのセットですが、これくらいの装備があれば、テレワークが普及するハードウェア面の環境といえるのではないでしょうか。






| ThinkPad-Plus | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPad 2016製品情報リーク! ThinkPad X1 Tablet、X1 Yoga現る
Lenovoの内部資料と思われるスライドの、2015年末から2016年にかけて発売が予定されているThinkPadシリーズのポートフォーリオ一覧が掲示板サイト「51nb.com」にリークされました。

最大の注目点はThinkPad X1シリーズがマルチモード化することにあります。14型のThinkPad X1 Yoga、12型のThinkPad X1 Tabletです。ThinkPad Yoga(一部の国ではSシリーズ)には12型のThinkPad Yoga 260、14型のThinkPad Yoga 460がラインナップされます。ThinkPad X1 Tabletはキーボード分離型の2-in-1タイプで、キーボードにはトラックポイントの赤ポッチが見られました。スペースもあることからタッチパッドも搭載されそうです。
内部資料によるとフラグシップモデルのThinkPad X1 Carbonは2016年2Qのモデルで無線充電技術を搭載するとしています。ThinkPad X ワイヤレス ドッキング ステーションが登場するようです。

FY1516 ThinkPad Portfolio Overview

一覧にはノートブック ThinkPad X1 Carbon、X260、ThinkPad Tシリーズ(T460/T460p/T460s/T560)、Lシリーズ(L460/560)や既に発表済みのThinkPad Pシリーズ(P40 YOGA/P50/P50s/P70)、Eシリーズ(E460/E560/E465/E565)、ThinkPad 10(Tablet 2-in-1)もあります。日本では発売されないかもしれませんが、Chrome OSを搭載したThinkPad 13、ThinkPad 11e、ThinkPad Yoga 11eも載っています。


<ThinkPad T460s>
ThinkPad T460s

既にプロトタイプと思われる製品写真も流出しており、ThinkPad T460sには指紋センサーが四角い指置きタイプ(スライド不要)が内蔵されているのが見えます。デザインはフットプリントが小さいThinkPad X1 Carbonシリーズと似ています。

インテル第6世代Coreプロセッサーの高性能ノート向けのSkylake-H、薄型軽量ノート向けのSkylake-U、2 in 1タブレットやステック型PC向けのSkylake-Yをそれぞれ搭載してくるとみられています。

WWで競合しそうな製品はMicrosoft Surface Pro 4やApple iPad Proがあります。3K〜4K高解像度影響パネル採用のPCやTabletの発表が相次いでいるので、真っ向勝負に出てくると思います。

当座でPCが必要なければ、11月〜12月に発売される製品を見てから買う機種を考えたほうが良いかもしれませんね。

この一覧から予想と想像を膨らませると、ThinkPad Helixについては掲載がないため、後継の座をThinkPad X1 TabletやThinkPad 10に譲るかもしれません。ThinkPad 8については、主に欧米の海外のユーザーが使いにくいサイズということもあり、Windows スマホ寄りにシフトしていくかと思います。




| ThinkPad-Plus | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPad 8の後継機種
ThinkPad 8の後継機種はどうなるのか気になりますね。ThinkPad 10については後継機種が9月下旬に発売予定というアナウンスがあったので、ThinkPad 8についてもあってもよさそうですけど。

ThinkPad 8 レビュー
写真は「ThinkPad 8 レビュー」より。

現行機種のスペックである8型のWUXGA 1920×1200ドット解像度を超える必要はないので、第6世代インテル Core i系や最新の14nmプロセスで製造された第4世代Atom Airmont マイクロアーキテクチャを採用した開発コード名 Cherry Trail (Bay Trail-TやBay Trail Refreshよりも新しいもの)を乗せたのが出てきてほしいです。具体的に指名するとAtom x7-Z8700搭載モデルがいいです。


ThinkPad 8のラインナップ

現行機種のレノボ・ショッピングの直販モデルは1種類だけになってしまいましたし、残数も2ケタで微増減しているようです。個人的な感触としては終売が近い感じでもあり、品目としてラインナップを維持している感じもします。ThinkPad 10発売と同時の、近日発表があるのでしょうか?

スマホ、タブレットの画面の大型化の傾向が顕著なことと、ThinkPad 8の後継機種は無いというレノボ関係筋のコメントがあったとかないとかの噂も気になります。


■ThinkPad 8関連記事のリンク
ThinkPad 8 32bitはWindows 10に対応しているか?
(続) ThinkPad 8 32bitはWindows 10に対応しているか?
ThinkPad 8 32bitのWindows 10へのアップグレード完了
ThinkPad 8 [20BN0040JP]が届いた
ThinkPad 8 レビュー
ThinkPad 8 クイックショットカバーのレビュー
レノボ ThinkPad 8 第2世代の登場間近か?







| ThinkPad-Plus | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
レノボ ThinkPad 8 第2世代の登場間近か?
なんとなくレノボ ThinkPad 8がそろそろマイナーモデルチェンジしそうです。
「レノボ・ショッピングでのお取扱いは一時休止しております。」
ということで購入できなくなっているし、amazonや楽天でも取扱業者が少なくなってきて価格が上がってきています。きっと、次は「ThinkPad 8」Windows 10搭載モデルが出るのだろうけど発表はいつになるのか、Microsoftとの関係で発表日と発表方法はどうでしょうか?
既にレノボの世界的イベントで兄弟モデルのThinkPad 10がWindows 10搭載で発売されることは発表済みなので、ThinkPad 8も続くと思うのですが。

ThinkPad 8
写真は「ThinkPad 8 レビュー」より。

やっぱり新OS発売というと秋葉原でのイベント「Windows 10発売記念イベント」があるのかな?

Intel Atom x7 Processor搭載のThinkPad 8 第2世代が発売されることを期待しています。

今後、ThinkPad 8に関する最新のニュースが入ったらブログで取り上げます。






| ThinkPad-Plus | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
32bit OSの未来は?
レノボ Think製品の稼働確認OS一覧によると、最新のThinkPadノートPC各シリーズ x50世代はWindows 8 / 8.1の32bit版のWindowsの稼働確認に「○」が付いていません。Windows 7の32bit版にはしっかり「○」が付いているのでハードウェアに制約があるというより、主流の”64bitで行こうよ”というメッセージのようにも思えます。


THINK 製品 稼働 確認 OS 一覧

THINK 製品 稼働 確認 OS 一覧
http://www.lenovo.com/jp/catalog/os/201404.html
より

先日の記事Windows 10は7エディションで展開に書いたように、Windows 10では32bit、64bitそれぞれ用意されるようなのでThink製品で使うWindowsに32bitの未来はあるのでしょうか?

未だにWindows 7、それも32bit版が現場では必要とされているケースを目にします。業務ソフトのうち、古い製品でドライバなどが必要な場合には、64bitに移行できず32bitにしておきたいという需要がまだありそうです。稼働OSとしてWindows 10の32bitにどれだけ○が付くのでしょうか。

Windows 10 32bitの対応はThinkPad 8 / ThinkPad 10 / ThinkPad Tablet 2だけになるのかな。
システム、カメラ、サウンド、無線LAN、有線LANなどの各種ドライバやThinkVantage 指紋認証ソフトウェアなどがサポートされて、ダウンロードが用意されるか気になります。







| ThinkPad-Plus | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Windows 10の発売は2015年7月?
Microsoftは3月18日、19日の2日間、中国・深センで開催したWinHEC 2015において、Windows 10を今夏にリリースすると発表しました。そして、Windows 10が190カ国・111言語に対応すること、生体認証によるサインイン、Windows 7/8.1からのアップグレードパス、Windows 10へ無料アップグレードの内容、システム要件について明らかになりました。

Windows 10の発売は2015年7月?

Windows 10のアップグレードは最初の1年に限って無料ということで、いつからの1年間なのか気になりますね。
Windows 10の発売は2015年6月ないし7月と言われています。

そして、まだ発表されていない噂レベルですが、Windows 10アップデートの後はサブスクリプションに移行しそうです。すでにOffice 365などは日本を含め、世界でサブスクリプション型になっています。


Upgrade Matrix

発表されたアップグレードマトリックスによると、Windows 10はWindows 7/8/8.1からのアップグレードをサポートします。Windows 7 Service Pack 1およびWindows Phone 8.1ではWindows Update経由のアップグレードもサポートすることになりました。そして当初から、黒歴史になることが懸念されていたWindows RTはWindows 10へのアップデート対象外となることが確定しました。


Hardware Requirements

Windows 10 デスクトップ最小システム要件は、ファームウェアに UEFI 2.3.1、セキュアブート、メモリ 1GB以上(32bit版)、 2GB以上(64bit版)、グラフィックス DirectX 9、タブレットボタンです。
ディスプレイサイズは8インチ以上をコンシューマー向け、7インチ以上をプロ向けと定義しており、最低解像度を800×600ドット以上です。


Optional Components and Connectivity

Windows 10のサポートするオプションコンポーネントは上記の通りです。Windows MobileとWindows Desktopです。


Mobile Hardware Requirements

Windows Mobileのシステム要件については上記の通りです。ディスプレイ解像度によって必要なメモリ容量が異なります。


■関連リンク
Windows 10 Technical Preview 日本語版のインストール







| ThinkPad-Plus | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPadキャリング・ケースはいずこに?!
ThinkPadキャリング・ケースの「ビジネス・ケース」にカテゴライズされていたThinkPad ベーシック・ケースThinkPad エクゼクティブ・レザー・ケースなどがごっそりとレノボ・ショッピングの一覧から無くなっています。

ベストセラー&ロングセラーの商品だと思うのですがどうなってしまうのでしょうか。もしかして廃盤とリニューアルがあるのかな?
長いものだと何年も販売されていましたからね。

気になるのは、ThinkPad Tablet、ThinkPad Tablet 2のあとの製品には”Tablet”と名付けておらず、「ThinkPad 8」のようにサイズで示しているということがあります。タブレットPCの比率が高まるにつれてブランディングを考慮すると、「ThinkPad 10」、「ThinkPad 12」、「ThinkPad 15」、「ThinkPad 20」といった感じになるときがとても近い将来、来るかもしれません。

そのために新デザインのキャリング・ケースに生まれ変わるのかも。

2014/06/24追記!
新世代 ThinkPad ケース 新登場!
やっぱり新製品に生まれ変わりましたね。


ThinkPad ベーシック・ケース
写真は「ThinkPad ベーシック・ケース (43R9113) パソコンバッグのレビュー」からです。



今、販売があるキャリング・ケースはこちらからチェックできます。
レノボ・キャリングケース




| ThinkPad-Plus | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
レノボThinkPad巨大トラックポイント・チェアーが手に入るかも?!
噂のレノボThinkPad巨大トラックポイント・チェアーが手に入るかも?!
最高峰のキーボード ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」の発売を記念してレノボThinkPad巨大トラックポイント・チェアーが当たるキャンペーンが実施されています。

トラックポイント・チェアー

キャンペーンのお知らせ
レノボ・カスタムショップ限定キャンペーン
巨大トラックポイント・チェアーが当たる!!

「ThinkPadトラックポイント・キーボード」の発売を記念して、キャンペーン期間中に対象製品を購入された方の中から抽選で、巨大トラックポイント・チェアーをプレゼントします。

詳細
キャンペーン応募期間 :2013年6月25日〜7月28日 (8月4日消印有効)
対象店舗: ソフマップ 秋葉原本館
     ビックカメラ赤坂見附駅店、池袋本店パソコン館、新宿西口店、名古屋駅西店、
     ビックロ新宿東口店、有楽町店
     ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba、マルチメディア梅田 50音順
対象製品: ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード (日本語/英語)
      ThinkPad トラックポイント・キーボード(日本語/英語)
応募方法: レノボ・カスタムショップで、「ThinkPadトラックポイント・キーボード」をご購入されたお客様で、本キャンペーンの応募用紙に必要事項をご記入しご応募いただいた方に抽選で下記賞品が当たるキャンペーンを実施します。

賞品:
   巨大トラックポイント・チェアー  :1名様
   ThinkPad特製日本手ぬぐい     :10名様
   ThinkPad特製トートバッグ     :100名様




| ThinkPad-Plus | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
IBM/Lenovo ThinkPad通の御用達 「PS/PLAZA WAKAMATSU」が取扱い終了
IBM PSシリーズ時代からThinkPad本体やパーツの販売修理を手がけていた 「PS/PLAZA WAKAMATSU」がPC関連商品の取扱い終了を告知しています。パーツを取り寄せるとけっこう時間がかかるので、現品があれば買ってすぐに交換したり、修理サービスを利用することが便利でした。

「IBM/Lenovo関連品のサイトは2012年8月をもちまして 終了することになりました。」
PS/PLAZA WAKAMATSU
スクリーンショットは http://www.wakamatsu.co.jp/ より

レノボ・ジャパンは、法人企業向け製品のサポートをNECパーソナルコンピュータに移管し、今年7月30日「レノボ・スマートセンター」、8月13日に「レノボ・オンサイトセンター」が業務を開始しています。きっと商流がIBM/LenovoからNEC/Lenovoになるところで変更するのだと思います。




これからはNECパーソナルコンピューターが運営するサポートへお世話になるか、他のサードパーティーの修理業者に依頼することになりますね。


受付窓口の電話番号、手続きなどは下記にて

レノボ・スマートセンター

レノボ・オンサイトセンター


| ThinkPad-Plus | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ

Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 520レビュー
YOGA 920レビュー

ThinkPadシリーズ


ThinkPad X シリーズ

ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Carbon レビュー 4th
ThinkPad X1 Yoga レビュー

ThinkPad T シリーズ

ThinkPad T460sレビュー

ThinkPad Edge シリーズ

ThinkPad E560 レビュー
ThinkPad E440 レビュー

ThinkPad 8 シリーズ

ThinkPad 8 レビュー

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

クーポン

ThinkPad eクーポンレノボ クーポン

レノボ

レノボのWebページをチェック

おまかせ

Comment

  • YOGA Bookの取扱説明書、マニュアル
    ThinkPad-plus (01/17)
  • YOGA Bookの取扱説明書、マニュアル
    中村 政彦 (01/16)
  • ThinkPad EdgeのBluetooth設定
    ThinkPad-Plus (10/25)
  • ThinkPad EdgeのBluetooth設定
    猪狩 (10/25)
  • ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードが50%OFF!
    ThinkPad-Plus (02/14)
  • ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードが50%OFF!
    Hiroki (02/14)
  • ThinkPad スパイウェアについて
    berghilo (09/29)
  • レノボ・クーポン ThinkPad用Lenovo 65W トラベル AC アダプター (4X20H56547) 40%OFF
    ThinkPad-Plus (09/20)
  • レノボ・クーポン ThinkPad用Lenovo 65W トラベル AC アダプター (4X20H56547) 40%OFF
    梓 (09/20)
  • ThinkPad ベーシック USB 3.0 ドック (4X10A06696) のminiレビューと50%OFFで購入できるクーポン
    ThinkPad-Plus (08/23)

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode