Page: 1/1   
ThinkPad X260の分解写真
ThinkPad X260の分解写真です。
RAM、HDD/SSDは取り外した状態です。

パーツが安くなってきたので換装するのにはよい時期になりました。


ThinkPad X260の分解写真

ThinkPad X260の下側の分解写真です。ネジの頭はプラスなのでトルクスや星形などの特殊ドライバーなしで分解できます。

ThinkPad X260の分解写真 WiFi/WAN用スロット

Intel WiFiモジュールはLenovo ThinkPad用の専用モジュールです。BIOSチェックにて汎用品や他社向け製品をはじいています。チェックを回避するようにした改造BIOSを利用すれば純正品以外の取り付けも可能です。
純正品には保守用製品番号が印字されたラベルがついているので中古品から探す際には頼りにします。

左の秋スロットはM2規格のWANモジュール用です。


ThinkPad X260の分解写真 DDR4 SO-DIMMスロット

DDR4 SO-DIMMスロットです。1スロットしかないので交換になります。
メモリ規格としてはDDR4、PC4-17000 DDR4 SDRAM SODIMM仕様のメモリが利用できます。最大サイズは16GBです。

ThinkPad X260の分解写真 内蔵バッテリ

内蔵バッテリの写真です。もう一つ着脱式のバッテリと合わせて利用できます。


ThinkPad X260の分解写真 2.5型HDD/SSD 用
ThinkPad X260の 2.5型HDD/SSD用のドライブベイです。SATAケーブル、プラ製枠、そして写真にはないですがアルミ製のドライブカバーを装着して接続します。

ThinkPad X260の分解写真


ThinkPad X260
ThinkPad X260


■関連記事のリンク
ThinkPad X260 レビュー 実機を隅々まで詳細にチェック
ThinkPad X260の液晶レビュー
→・ThinkPadレビュー




| ThinkPad-Plus | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPadのSSD換装に人気の製品はこれ
新しいThinkPadが発表されたけど、使い慣れた手持ちのThinkPadをまだまだ活用したい、その思いをかなえるThinkPadのSSD換装に今、人気の製品はこれです。価格ドットコムでもSSDカテゴリで堂々1位、それも取り扱い販売店が1つしかないのにも関わらずです。今、最も売れているSSDの一つです。

SK hynix SL300 HFS250G32TND-3112A
SL300 HFS250G32TND-3112A

SK hynix(SKハイニックス)
SL300 HFS250G32TND-3112A
7mm厚の2.5型SATA SSD


必要十分なスペックの8000円で250GBのSSDが買えるなら、私は換装してみたいと思います。
7mmの厚さなので、たいていのSATA接続のHDD/SSDと交換できるはずです。スペーサやマウントに工夫がいるかどうかは改造前に、手持ちのThinkPadを分解してみて確認してほしいです。


SK hynix SL300 HFS250G32TND-3112A
仕様:
SATAインターフェース
Celltype:TLC
容量:250GB
最大読込540MB/s
最大書込み470MB/s
ランダム読込速度: Random Performance(4KB) Read : Up to 95K IOPS
ランダム書込速度: Random Performance(4KB) Write : Up to 85K IOPS
厚さ:7mm
質量:約60g
ハードウェア保証3年


販売ストア情報:
NTT-X Store ストレージ 人気ランキング 第1位
SK hynix(SKハイニックス) SL300 HFS250G32TND-3112A
価格7,980円(うち消費税591円)
送料無料キャンペーン


さらに大容量の500GB、「SL300 HFS500G32TND-3112A」もあります。だだ、どちらも耐久性が心配なTLCタイプなので、消耗品と割り切って必要な容量のものを使うのかいいと思います。コントローラーとかチップとかにこだわる人向けの製品ではないです。








| ThinkPad-Plus | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPadの無線LAN 熱暴走に注意!
室温が低めでCPUの処理も軽めだと空冷ファンが十分に回転せず、内蔵の無線LANモジュールだけが発熱して、WiFiチップが熱暴走してしまうケースがあります。
まず、ネットワーク接続が不調になり、無線LANが使用不能になります。多くの場合、該当モジュールにデバイスマネージャで!マークが表示されています。
マシン内部の温度が上昇してくると空冷ファンの回転が上がって一時的に症状が良くなることがありますが、排気口やファン自体に問題がある場合にはマシン自体が熱暴走で停止してしまうこともあります。

例えばThinkPad X61、ThinkPad X200シリーズにはThinkPad用の内蔵WiMAXモジュールにはIntel WIFI LINK 5100/5300 や Intel WiMAX/WiFi 5350などが内蔵されています。(購入仕様、カスタマイズ内容によります。)

ThinkPad X200分解写真

ThinkPad X200分解写真の赤色枠の部分がにWIFIモジュールです。組み立て時にはパームレストの辺りになります。
無線LANが切断されたり、不安定になる場合には、この部分が熱くなっていないか触ってたしかめます。

熱くなっていたら、まず冷却します。恒久的にはファームウェアの更新や熱暴走対策が必要です。







| ThinkPad-Plus | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPad T430s ドライブ換装
レノボ・ジャパンのThinkPad T430sはWebカスタマイズのSSDはSAMSUNG製が搭載になることが多いようですね。私は大容量の新しいSSDが安価で買えるようになったので、Windows8のインストールを機に新しいSSDドライブへの換装をしています。Windos8Pro アップグレード版(ダウンロード版)ですが、USBメモリから新規インストールが可能です。

ThinkPad T430sのSSDはSAMSUNG MZ-7PC1280/0L1

SSDのある2.5インチSATA HDD/SSDベイはカバーはネジ1本で止められているので、ネジを外してスライドさせてアクセスします。標準搭載のドライブを引き出す際には黒いリボンを引きます。ちょっと切れそうで心配ですがねじれたりしないように慎重に均一な力をかけて引きます。SATAコネクタ部分が外れれば力はいらなくなります。

市販品を自分で買ってきた場合に困るのはこの黒いリボンの代わりをどうするか、2本のプラスチック製のスライド・スペーサーをどうするかです。私の場合、黒いリボンはビニールひもを細工して代用品を自作し、スライド・スペーサーは元のものを移植して使っています。

詳しい手順やドライブ換装の成果をベンチマークしたので下記のリンクをお読みください。

ThinkPad T430s ドライブ換装 関連リンク
赤いSSDのThinkPad T430s 標準搭載品を換装してみた
ThinkPad T430s搭載SSDのベンチマーク
ThinkPad T430sの換装SSDのベンチマーク

ThinkPad T430s関連記事
ThinkPad T430s

| ThinkPad-Plus | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
赤いSSDのThinkPad T430s 標準搭載品を換装してみた
PLEXTOR M3Pro SATA 6Gb/s Solid State Drive 256GB PX-256M3Pが1万円台になったのを見て衝動買いしたので、早速ThinkPad T430sの128GB SSDモデル標準品のSAMSUNG MZ-7PC1280/0L1と換装してみました。Windows8をThinkPad T430sで動かしたいというのが動機です。今日はノリノリで分解と換装の作業、勢いでWindows 8 Release Preview ISO イメージをUSBに書き込んだものから、サクッとThinkPad T430sへインストールしちゃいました。

ThinkPad T430sのHDDパッケージを購入した方でSSDに換装しようとか、標準のSSDじゃ容量が足りないからSSD → SSDへ換装しようという方に参考になると思います。SSDは7mm厚のものしか物理的に合わないので購入時に注意が必要です。主要な2.5インチSSDは9.5mmなので間違わないように。

ThinkPad T430sの左手前に2.5インチベイがあります。カバーはネジ1本でとまっています。カバーを外すとSSDもしくはHDDへアクセスできます。

ThinkPad T430sのSSDはSAMSUNG MZ-7PC1280/0L1


黒いベロ状のリボンを引っ張って取り外すことができます。ドライブをスライドさせるカバーは赤いプラスチック製でした。SSDの4つのネジ穴にはネジが止めてありましたが、この赤いカバー、ネジ留めされていません。手で簡単に外せてしまいます。なんでネジがつけてあるんだろ・・・ ネジ4本外せば数グラム軽量化できます。

引っ張り用の黒いベロ

PLEXTOR M3Pro PX-256M3Pの箱です。リテール品ですので、ユーティリティCDや3.5インチマウンタとか付属していました。

PX-256M3Pの箱

PLEXTOR M3ProのSSDの外装はアルミ製でなんかメタリックな質感がよかったです。

PX-256M3P

PLEXTOR M3Pro PX-256M3Pのラベル面です。

PX-256M3Pのラベル面

ThinkPad T430s 赤いSSDのガードを側面に装着、着々と換装の準備が進んでいましたが、ここで問題です。黒いリボンはSSD自体に接着されているので移植できそうにありません。このままSSDをThinkPad T430sに取り付けたら永久に引っ張り出せなくなって、完全分解作業が必須になってしまうでしょう。

PX-256M3Pに赤ガード取付け

そこで、荷掛け紐で黒いリボン状のベロ代わりにすることにしました。荷掛け紐なので強度は大丈夫でしょうし、絶縁素材、安価に用意できると三拍子揃っています。
程よい長さに切って輪にします。SSDのネジ穴に取り付けた手前側のネジ2本を緩めて、ネジに紐を1周かけてからネジを締めます。2本ともバッチリ取り付けました。

荷掛け紐でベロ代わり

そうしたら、ThinkPad T430sに取り付けです。表と裏を間違いないように注意して差し込みました。カバーとネジを取り付けで完了です。

PX-256M3Pに換装

電源を投入してBIOS画面で認識されているか確認し、Windows8 RPをインストールしました。PX-256M3Pは書き込みが早いと評判がよいだけ合ってOSのインストールも短時間でできました。

暫くWindows8の評価にも活用したいと思います。













| ThinkPad-Plus | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPad Edge E430の分解
ThinkPad Edge E430のレビューをさらに深くまで突き詰めて今日はThinkPad Edge E430の分解をして中身をチェックして、造りや増設のしやすさについて見ていきます。

ThinkPad Edge E430の分解はそれそれ分かれた底面のパネルをとめているネジをはずすだけの簡単な手順でターゲットのパーツへ行き着きます。メモリ増設やHDD交換も楽々できます。HDDは9.5mm厚でメモリもSO-DIMMと一般的な仕様なので換装しやすいです。

ThinkPad Edge E430の分解

底面の分解前後を見比べてください。パーツの位置がわかれば必要なところだけ開けられます。

ThinkPad Edge E430の底面


インテルCore プロセッサー搭載の頭脳の中枢部です。ヒートパイプが空冷ファンへ熱を伝える構造です。

ThinkPad Edge E430のCPU周り

高負荷時でもノイズを抑えた最新のふくろうの羽を模したファンが搭載されています。

ThinkPad Edge E430空冷ファン

メモリスロットは2つ DDR3規格のSO-DIMMタイプが取り付け可能です。廉価版のPCですがPC3-10600じゃなくて、PC3-12800が搭載されているのはうれしいです。


SO-DIMMメモリスロット

ThinkPad Edge E430のWiFiはRTK-RTL8188CEが取り付けられていました。アンテナは2本配線されていました。


RTK-RTL8188CE

ディスクの読み込みを高速化する専用のフラッシュメモリがMini-PCIスロットに搭載されておりHDD+SSDのいいとこが取り入れられていました。大手フラッシュメモリメーカーのSanDisk SDSA5DK-016G-1001Qが取り付けられていました。


SanDisk SDSA5DK-016G-1001Q

マザーボードにあるこの気になる回路パターンの空きは専用グラフィックス用みたいです。
ThinkPad Edge E430にNVIDIAディスクリートグラフィックスを搭載して買った方、見比べてみてください。

気になる空きランド

■ThinkPad Edge E430レビュー記事
ThinkPad Edge E430 (3254CTO) PCMARK7 ベンチマークの結果
ThinkPad Edge E430 レビュー



安心・直販・カスタマイズ対応!ThinkPadのレノボ・ジャパン




| ThinkPad-Plus | 06:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ThinkPad X100eの分解
ThinkPad X100eの分解について記事が特選街NX-Station Blogに出ていました。高級な素材は使われていないっぽいけど、見た感じ内部構造や各パーツ構造もしっかりしているようです。


レノボ ThinkPad X100e 分解写真・レビュー その1

レノボ ThinkPad X100e 分解写真・レビュー その2




| ThinkPad-Plus | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ThinkPad Review

ThinkPad
ThinkPadレビューへの直リンクです。

Lenovoシリーズ

Legion Y520 Towerのレビュー
ideaPad 520レビュー
YOGA 920レビュー

ThinkPadシリーズ


ThinkPad X シリーズ

ThinkPad X280 レビュー
ThinkPad X1 Carbon レビュー 4th
ThinkPad X1 Yoga レビュー

ThinkPad T シリーズ

ThinkPad T460sレビュー

ThinkPad Edge シリーズ

ThinkPad E560 レビュー
ThinkPad E440 レビュー

ThinkPad 8 シリーズ

ThinkPad 8 レビュー

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Search

Entry

キャンペーン・PR

クーポン

ThinkPad eクーポンレノボ クーポン

レノボ

レノボのWebページをチェック

おまかせ

Comment

  • YOGA Bookの取扱説明書、マニュアル
    ThinkPad-plus (01/17)
  • YOGA Bookの取扱説明書、マニュアル
    中村 政彦 (01/16)
  • ThinkPad EdgeのBluetooth設定
    ThinkPad-Plus (10/25)
  • ThinkPad EdgeのBluetooth設定
    猪狩 (10/25)
  • ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードが50%OFF!
    ThinkPad-Plus (02/14)
  • ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボードが50%OFF!
    Hiroki (02/14)
  • ThinkPad スパイウェアについて
    berghilo (09/29)
  • レノボ・クーポン ThinkPad用Lenovo 65W トラベル AC アダプター (4X20H56547) 40%OFF
    ThinkPad-Plus (09/20)
  • レノボ・クーポン ThinkPad用Lenovo 65W トラベル AC アダプター (4X20H56547) 40%OFF
    梓 (09/20)
  • ThinkPad ベーシック USB 3.0 ドック (4X10A06696) のminiレビューと50%OFFで購入できるクーポン
    ThinkPad-Plus (08/23)

Trackback

Archives

Category

Link

Recommend

Sponsored Links

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode